薄毛ならAGA治療で発毛

薄毛は遺伝や加齢によるものだから仕方ないと考えている人が大勢います。確かに遺伝や加齢も薄毛に影響を与えているのは間違いありませんが、それだけが原因ではありません。思春期以降の成人男性の薄毛には、男性ホルモンが影響していることが多く、症状によってはAGAと呼ばれる男性型脱毛症と診断され、医療機関での治療により改善できる可能性があるのです。
最近はテレビコマーシャルなどでもAGAという言葉をよく耳にしますが、近年は薄毛を医療機関で治療するという考え方が一般にもかなり浸透してきました。薄毛をめぐる研究は日進月歩で進んでおり、そのメカニズムもだんだんと解明されてきたことから、医療機関での治療により薄毛を解消できた人も増えてきています。
AGAの特徴は、額の生え際や頭頂部の毛髪が徐々に薄くなってくることにあります。進行具合には個人差があり、男性ホルモンであるテストステロンが大きな原因とされています。ただし薄毛の原因となるのはこのテストステロンだけでなく、生活習慣や食生活、ストレスなども毛髪の成長に大きな影響を与えることがわかっています。
したがって医療機関で治療を受ける際には、薬の服用だけにとどまらず、食事や生活習慣の改善など総合的な対策をとることが求められます。このような対策を薬の服用と併用すれば、それだけ効果が高まることが期待されますが、残念ながら一般的な医療機関で診察を受けても、AGA治療薬の処方だけで済まされることもしばしばです。ですから本格的な治療を受けたいのであれば、薄毛治療専門の医療機関を受診したほうが効果を期待することができます。
薄毛治療専門の医療機関では、薬の処方以外にもメンタルケアや食生活の指導など総合的な見地から治療が行われます。もちろん頭皮や毛髪の状態も詳しく検査し、その人の症状に応じた治療をしてくれますので、単純に薬を服用するよりも発毛の可能性が高まります。
ただ一般的な医療機関に比べると、専門の医療機関でAGA治療を受ける場合は多少費用が高額になるのがネックです。費用に関しては、個人の考え方次第なのでそれぞれが判断すればいいことですが、効果がでないのであれば治療を受ける意味がありません。多くの薄毛治療専門の医療機関では、治療を受ける前に無料のカウンセリングを実施しているところも多いので、まずはそれを利用してから本格的に治療をはじめるかどうかを検討するのもいいでしょう。

■AGA治療に絶大な評価を得ている
エフペシア
■プロペシアジェネリック
フィンペシアはネットで安く購入
■AGA治療は長期戦!セット購入がお得なサイト
デュタステリド